出会い系を使ってみたら年上のごっつエロいお姉さんと会えた

出会い系を使ってみたら年上のごっつエロいお姉さんと会えた

正直年上はあまり好きじゃない、というか年下とか同年代の方が好みだったんですよね。性分というか、甘えるよりも甘えられる方が嬉しいというか。とにかく彼女に出会うまでは年上なんかまったく興味なかったんです。

でもあの日、俺の性癖は一人の女性に変えられてしまいました。

ってこんな書き方するとなにされたんだよとか思われるかもしれないですけど、特別なことは何もされてないんですよね。ただ、うん、年上はやっぱりエロいなあって。実感しちゃいました。

出会い系で年上のお姉さんが釣れた

出会い系はぼちぼちやっていて、それなりの成果は上げていました。PCMAXっていうサイトなんですけどね。でも狙うのはもっぱら年下とか同い年くらいの女の子ばかり。一度2つ年上の、23歳の人と会ったこともありましたけどなんかしっくりこなくて一度きりの関係で終わっちゃいました。

大学の夏休みって2ヶ月くらいあって、サークルに入っていても割と暇な時間はあるんですよね。その時間を使って俺は出会い系サイトを使っていました。釣れる頻度は主に月に一人くらい。まあセフレを探しているってわけでも、性欲が有り余って大変だっていうわけでもなかったのでそれくらいが丁度良かったんですね。

それで掲示板にはちょくちょく書き込んだりするんですけど、メル友募集掲示板だったかな、まあとにかくピュアな方の掲示板からメールが来たんです。それが彼女、めぐみさんでした。

20代後半っていう年齢見てスルーしようかなとも思ったんですけどちょうどしばらく暇だったし、まあ暇つぶしくらいに程度でしたね、初めは。

返信するとレスポンスが早い早い。どうやら向こうも会社が夏休みらしくて時間を持て余してたんですね、このままじゃポイントが速攻なくなりそうだったんで、メール初めて4通目くらいには「LINEしませんか」って送っちゃってました。駄目で元々。別に断られても特に落ち込む理由もなし。でもですね、

「いいよいいよー。あ、電話しようよ。○○IDだから検索してね」

ノリノリですよ、お姉さん。

電話かあ、と思いながらLINEで二言三言会話交わしてから即通話。もしもーし。お、意外に可愛い声。電話ってなんか緊張しますよね。俺的には直接会うよりも緊張します。沈黙が怖いというか。でもめぐみさんはそんなことありませんでしたね。とにかくマシンガンみたいにトーク飛ばしまくりますから。

息継ぎとか必要ないのかなあってくらいの連射。というか話し相手の俺いらない。そのままスマホを置いてどこかに出かけてもばれないんじゃないかと思いましたね。さすがにやりませんでしたけど。

そんな感じで話してました、というか一方的にまくしたてられてたわけですから会話の流れも向こうペースで、いつの間にか会うところまで話が進んでいました。動く歩道のごとく、自動的に目的地まで運んでくれちゃいましたよ。

「じゃあね、渋谷は?わたしカラオケ行きたい。あ、お昼前でいいかな。ランチしよランチ」
「あ、はい。渋谷で」
「うんうん。じゃあ渋谷のモヤイわかるよね。そこ12時くらいで」
「あ、わかりました」

ほんとは会う気なかったんだけどなあ。年上、好みじゃないし。でも約束破るのも忍びないですし、なによりめぐみさんむっちゃ楽しそう。気づけば電話始めてから2時間経ってましたよ。

年上のお姉さんエロ過ぎ怖いw

待ち合わせ場所にきためぐみさんは写メよりもずっとキレイな人でした。あ、事前に写メ交換したんですよ、一応。俺も出会い系やってる身、渾身の一枚は常備してあります。恵さんは写メでは普通のどこにでもいそうなOLさんって感じでしたが、実際に見るとスラリと背が高く、髪も写メではアップにしていたのを下ろしていました。

そして何より胸が大きかったです。

夏バンザイって感じですね。カットソーの胸元を押し上げる胸は、推定Fはありそう。俺に気づいて手を振った時にはぶるんぶるん揺れてましたからね。

「お待たせお待たせ。おー写メよりかっこいいね」
「めぐみさんも実物の方がキレイです」
「慣れてる感じだあ。でもありがと」

軽い。第一印象はそんな感じ。とにかく空気感が軽かったです。あっけらかんとでも言うのかな、とにかく友達が多そうなイメージ。外暑すぎってことで早速カラオケに向かい入店。お昼は中で済ませることに。

何曲か交互に歌い、お昼を食べ、そしてしばしまったりモード。といってもめぐみさんはしゃべり続ける。寝そべりながら。リラックスし過ぎだろうと思いながら、ふとした拍子に見えるブラ紐に反応する俺。

「男の子ですなあ」
「え、なにがですか」
「見てたでしょ。っていうか反応してるでしょ」

ずりずりと身体を寄せてきて、俺のアソコをめぐみさんはおもむろに撫でました。まさかの展開にテンパりまくりました。んで、どうして良いか分からないでオロオロしている間に、俺のモノは引っ張り出されてました。

めぐみさんは無言でそれを口に咥え、すぐに激しいフェラが始まりました。今まで感じたことのない快感。むちゃくちゃテクニシャンです。一分も経たずにイッてしまった俺に不満げな顔を向けてくるめぐみさん。

「まだわたし気持ち良くなってない」
「いきなりフェラなんかするから」
「ホテル着くまでに回復させておくように」

めぐみさんと俺はカラオケを出て、ホテルに向かいました。

出会い系のおかげで年上女性の良さを知ることができました

出会い系のおかげで年上女性の良さを知ることができました

カラオケの出来事はまだほんの序の口でしかありませんでした。ホテルに入ってからのめぐみさんは凄かったです。濃厚なキスに積極的な攻め。ずっと主導権握られっぱなしで、本来男性が動くべき正常位でも、めぐみさんが激しく動き過ぎて俺の出番がないくらいでした。

健康の為にピルを飲んでいるらしく、出す場所は毎回中でした。ピルって健康に良いんですね。知りませんでした。合計で5回戦くらいやったのかな。そんなにしたのは俺も初めてで、さすがに2人でベッドに横たわり、小一時間ほど眠りました。

その日からもう完全に年上の女性に目覚めてしまいましたね。年下とか同年代とか、まじでどうでも良くなっちゃいました。

最近は人妻とか熟女とかいいなあと思ってるんですけどまだ会えてないんですよね。早いとこ会ってみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です