満18歳の女子高生と出会い系で会って速攻ホテル行ったったwww

俺には夢があります。ほんの数年前に抱いた夢。でも途方もなく大きな夢。正直、いつ叶うか分かりません。もしかしたら一生叶わないかもしれません。でも俺は生涯をかけてこの夢を追い続けるんだと、そう胸に誓いました。その夢とは、

制服姿の女子高生とセックスがしたーーーーーいっ!!

きっかけは数年前、大学生になったばかりの俺が地元にある高校に通う女子高生の集団を見かけた時でした。

あれ、制服ってあんな可愛かったっけ?

以来俺は高校生の時に彼女を作る努力をしなかったことを悔やむ日々を送り続けました。あの時、あの日々、あの瞬間、もし少しでも努力していれば、俺は一生の願いを託した夢を叶えられたかもしれないのに……っ!

そして時は戻り現在、俺は女子高生とセックスできると噂の出会い系サイト、PCMAXに登録しました。全ては夢を叶える為。お金はいくらでも払う、だから神様、どうか俺に奇跡を……っ!

出会い系に女子高生ってほんとにいるんだw

「18歳のみなですJ(#^^#)K明日昼間、ホ別4で遊んでくれる人募集中」

こ、これは!

正直目を疑いました。しかしこれは明らかな暗喩。バレバレの、紛うことなき暗喩。俺は速攻メールしました。

「はじめまして! 大学生のけいたです。明日俺も暇だから遊ぼうよ(#^^#)」
「大学生とかいいですね(*^▽^*)ぜひ遊びましょー」
「お、まじか(#^^#)どこにする?都内?」
「んー、ホテルあるならどこでも笑都内がいい?」
「都内の方が出やすいしホテルいっぱいあるよね笑渋谷でいい?」

いいよー、とみなちゃんから返事がきて、とりあえず直接連絡を取り合うことに。LINEだとあっさりと教えてくれるので便利です。改めて自己紹介し合って、俺は念のため確認しました。

「本当に女子高生?笑」
「そうに決まってんじゃん。ほらっ」

何で決まってるのか分からないが、ほらの声と共に送られてきたのは制服姿の女子2人組が映ったプリクラでした。おそらく、mって落書きしてあるほうがみなちゃんなのでしょう。ってか友達の顔隠してやれよ。

目が極端に大きいのはプリクラのせいだとしても、メイクばっちりのもろギャル系でした。ピンクのワイシャツの襟は第二ボタンまで空いていて、襟からは小ぶりなネックレスがちらり。だらんと下がったリボンがまたギャル特有のルーズさを象徴しています。

「おっ可愛いね。左?」
「そうそ。って可愛くないしw」
「彼氏とかいるんじゃないのー?」
「内緒―。ってかそっちも写メ見せてよー」

あ、こりゃいるな、と思ったがあえて突っ込まず。斜め上から撮ったキメ顔自撮り写真を送りました。我ながらキモイですが、写メの時点で断られたら元も子もありませんからね。

「かっこいいじゃーん。彼女いるでしょー?」
「いないいない(+o+)みなちゃんなってよw」
「えーむりー」

あっさり断られるがダメージはなし。いや、少しはあったけども本気で言ったわけではないので全然オッケー。相手が年下の場合はこうやってちょっと軽口入れておくと打ち解けやすい。と、友達の友達のお父さんが言っていました。

「あ、そうだ、明日制服持ってきてよ」
「うわ、言うと思ったみんな言うしそれ」
「あ、まじ?へたこいたー(+o+)
「ふるっ、まあいいけどさ( *´艸`)」

よっしゃきたこれー!

夢が叶う瞬間まであともう少し。その日俺は英気を養うために早めに寝ました。

そして制服姿の女子高生とヤルという夢が叶う瞬間

ちなみに言っておくと、18歳の女子高生とセックスしても法律的には何ら問題ありません。法律は18歳未満との性交を禁じているのであって、高校生とのそれは禁じていないからです。以上、役に立たない豆知識でした。

当日、俺は待ち合わせ場所の渋谷マークシティの道玄坂上側出入り口に立ちながらちょっと不安を感じていました。みなちゃんは本当に18歳なのだろうか。もし彼女が嘘をついていて17歳とかだったら……。

お縄からのピーポーピーポーですわ。

その事態だけは避けたい。あとでちゃんと確認しよう。そう心に決めた俺の前にみなちゃんが姿を現しました。お互い写メを見せ合っているのですぐに目が合います。うん、写メより可愛いです。思ったよりかは化粧が濃くなくて、ちょっとギャル入ってる読者モデルみたいな感じ。

俺はあのことを、聞けませんでした。だってそれで不機嫌になって帰ったらどうするのさ。俺の長年の夢が潰えてしまう。それだけは避けたい。背に腹は代えられない。俺は逮捕覚悟でホテルに入りました。

ホテルに入るとすぐみなちゃんはパンパンになったバッグを持って浴室に入っていきました。なんだろうと思う俺の耳に衣擦れの音がした後、シャワー音。さすが手慣れている。その後入れ替わりで俺もシャワーを浴びました。

浴室から出た俺を待っていたのは。制服姿のみなちゃんでした。プリクラ通りのピンクの長袖ワイシャツの袖は肘のすぐ下まで無造作にまくられ、スカートはまるでAKBが履いているようなオシャレなものでした。その短さがまた凄かったです。太腿の半分以上が露出されていましたからね。腰には純白のカーディガンが緩く巻かれていました。女子高生らしいオシャレですね。

夢が叶う瞬間を、俺はとうとう迎えました。

挑発的に「どう?」とスカートの裾をフリフリさせるみなちゃんを押し倒し、俺は本能のままに彼女の身体を堪能しました。もちろん、制服は半脱ぎです。女子高生好きならとうぜんのことですよね?

そして俺は刑務所へ……

安心してください。入っていませんよ。

帰り際にきちんと確認しておきました。まあセックスした後に確認してもしょうがなかったんですけど、精神的には大変安心できましたね。セックス中はそんなこと忘れて猿みたいにやってましたけどね。

出会い系のJKとセックス

制服スカート履きながらの騎乗位も堪能できましたし、ワイシャツのボタン全開状態での正常位とバックも興奮しました。見た目以上に胸があったのもかなり良かったですEはあったんじゃないですかね、あれ。

なにはともあれ、夢は叶いました。これで満足、とはならなかったんですよね、実は。制服フェチかと思ったら、どうやら俺、コスプレフェチだったみたいです。ちなみに今みなちゃんに打診中なのがメイドさん。ちょっと交渉が難航してますが、まあなんとかなるでしょう。夢はお金で買えますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です